専門学校に通いパティシエを目指す|教室で製菓・製パンについて学ぶ

女の人

パティシエは芸術家

レディ

最近はテレビ番組や人気俳優を起用したドラマなどでもよく取り上げられるようになったパティシエという仕事。子供の頃になりたいという夢を持っていた女性は多いのではないでしょうか。熟練された技術と繊細な細工から生み出させるケーキやチョコレート、クッキーといった洋菓子は、お菓子という枠を超え一種の芸術と言っても過言ではない美しさをもっており、食べるだけでなく、見る人々をも魅了します。果たしてその芸術家たちはどこで、どのような方法でそれらの技術を学び、芸術作品を生み出すことができるようになるのでしょうか。

どんなに有名な芸術家や腕の立つ弁護士も、世界的医師であってもまずは勉強、学びから。製菓専門学校に関しても同じように勉強から始まります。もちろん4年制の大学で食物栄養学や生活学科などを学びそこからパティシエや料理人になる方もいますが、多くは専門学校で学んでいます。製菓専門学校では、洋菓子だけではなく和菓子や製パンについても学びます。幅広く学ぶことで、パティシエとしての活躍の場を広げることができます。日本には数多くの専門学校がありますが、その中でも最近は美容、医療系と肩を並べるほど製菓、調理系の専門学校は増えており、年々入学者数も増えていると言われています。入学者の多くは体験教室に参加しており、実際の学校の雰囲気を見たうえで入学を希望している人がほとんどです。日本には100校を超える製菓・製パン、調理の専門学校が存在しますが、それらの学校に通う学生たちは、何を学び、どうやってパティシエになるという夢をかなえていくのでしょうか。そして、人々を魅了する芸術作品を生み出せるようになるのでしょうか。まずは専門学校で受けられる実習や、教室での座学の内容を御紹介していきたいと思います。

スイーツ

専門学校での学び

パティシエを育てる専門学校では、製菓だけでなく衛生学や語学などの知識を身につけるためのカリキュラムも用意されています。一般的な調理を基礎から学び直し、専門的な技術を学び、やっとパティシエへの一歩が近づきます。

カフェ

バリスタを学ぶ

日本でも多く存在するコーヒーのプロフェッショナル「バリスタ」。バリスタと呼ばれる彼らのそのコーヒーに関する豊富な知識と高い技術は学校で学び、現場で鍛えあげられているのです。

パティシエ

親しまれる製菓

見た目や味に魅了されて製菓の道に進むという人もいます。製菓といっても色んなものがあり、最近では人気のあるチョコレート細工に特化している製菓技術の専門学校もあります。